blog index

腰痛ブログ

腰痛の治療法に対する説明と注意点を紹介しています。
寒冷療法
寒冷療法
質問
やけどをしたときに患部に水をかけるのは何故でしょう?
答え
患部を水で冷やして、炎症がひどくならないようにするためです。

説明
スポーツ選手がけがをしたときに、氷のうで患部を冷やしている光景を見たことはないでしょうか?安静での説明と同じように、けがをしたとき患部は炎症を起こします。炎症には急性期と慢性期の2種類あります。けがをしてから最初の3日間は急性期、3日以降は慢性期と一般的には考えられます。急性期の炎症にはRICEという治療法が施されます。R(rest)は安静を意味します。安静により患部が動かないようにします。患部を動かすと炎症が激しくなるからです。I(icing)は冷却を意味します。冷却することにより、炎症の進行を抑えます。C(compression)は圧迫を意味します。圧迫によりむくみを抑えます。E(elevation)は挙上を意味します。患部を心臓より高くすることにより、むくみを抑えます。寒冷療法にはコールドパックとアイスパックを用いる2つの方法があります。

○コールドパック
 コールドパックは熱伝導を利用した寒冷療法です。袋の中身はシリカゲルなどを使用しています。しばらくの間冷凍庫に入れて、十分冷却してから患部に適用します。
○アイスパック
 アイスパックは熱伝導を利用した寒冷療法です。袋の中に細かく砕いた氷を入れ、患部に適用します。いわゆる氷のうです。

生理作用
◯急性期の炎症を抑える。
患部を冷やすことで、患部の温度を低下させます。患部の温度が低下すると、炎症に伴う
化学変化の速度を遅らせます。
◯むくみを抑える。
患部に流れる血液を減らすことなどにより、むくみを抑えます。
◯痛みを緩和する。
冷やすことにより、一時的に痛みの感覚を鈍らせます。
◯筋肉の痙攣を和らげる。
神経の働きを鈍らせることにより、筋肉の痙攣を和らげます。

副作用
◯壊死
患部の温度を15度以下にすると壊死を起こすことがあります。
◯凍傷
患部の温度をー4度からー10度以下にすると凍傷を起こすことがあります。
◯神経損傷
冷やし過ぎによる神経の損傷を起こすことがあります。
◯血管拡張
冷やした後に、患部の血管が拡張して、患部の血流が増加します。

注意
ギックリ腰を起こしてから3日以降は回復が遅れる場合があるので控えましょう。使用時間は15分から20分程度までにしましょう。45分を超える冷却は副作用を起こす可能性があります。高血圧を患っている場合には注意が必要です。寒冷療法による治療をしているときに、血圧が安全な数値を超える場合には、すぐに寒冷療法を中止してください。市販のコールドパックを使用する場合は、必ず使用上の注意をよく読みましょう。他の病気を患っている人は使用できない場合があるので、自己判断で使用するのは控えましょう。

結論
急性腰痛に対する物理慮法の治療効果を評価する文献はほとんどありません。症状の一時的緩和を目的に使用し、他の治療法と併用することが望ましいと考えられます。寒冷療法は急性腰痛に対する治療法としてある程度お勧めできます。

bolg index このページの先頭へ
<