blog index

腰痛ブログ

腰痛の治療法に対する説明と注意点を紹介しています。
ステロイド薬の内服
ステロイド薬の内服
質問
ステロイド薬とは何を意味するのですか?
答え
コレステロール核を持つ薬という意味で、具体的には糖質コルチコイドあるいは性ホルモンなどの薬を意味します。

生理作用
◯強力な炎症を抑える作用がある

副作用
◯胃潰瘍
「ストレスで胃が痛い」という言葉を耳にすることがありますね。ストレスは胃潰瘍を引き起こすことがあるのです。糖質コルチコイドはストレスと受けたときに分泌が高まるホルモンです。つまり糖質コルチコイドにより胃潰瘍を起こしてしまうことがあるのです。

◯免疫力低下
風邪を引いているときに、無理をすると風邪をこじらせてしまうことがありますね。ストレスにより免疫力が低下するからです。私たちの体はストレスを受けると、糖質コルチコイドを分泌します。いわゆる戦闘態勢に入るのです。しかし糖質コルチコイドは免疫の要であるリンパ球の働きを抑えてしまいます。目の前の障害を乗り越えるために、体は一時的に免疫力を犠牲にするのです。

◯糖尿病
糖質コルチコイドは名前からも分かるように、糖質と関係があります。糖質コルチコイドは血糖値が低いときに分泌されて、肝臓にあるグリコーゲンという糖質を分解して血糖値を上げるのです。つまり糖質コルチコイドには血糖値を上げる働きがあるのです。

◯精神障害
私たちの体は糖質コルチコイドの分泌のバランスを自然に保っています。しかし薬として糖質コルチコイドを使用すると、体内での糖質コルチコイドのバランスが崩れ、精神的に不安定になることがあります。

◯その他
ムーンフェイス、白内障、大腿骨頭壊死、血栓症などがあります。

結論
ステロイド薬の内服についての文献はほとんどありません。また副作用が重大であることを考えると、ステロイド薬の内服は急性腰痛に対する治療法として全くお勧めできません。

bolg index このページの先頭へ
<