blog index

腰痛ブログ

腰痛の治療法に対する説明と注意点を紹介しています。
心理社会的な問題がある場合
心理社会的な問題がある場合

◯痛みあるいは体を動かすことが体にとって有害であると信じている。
◯長期間休息をとるなどの行為をする。
◯うつあるいは引きこもりなどの症状がある。
◯治療の成果が上がらない。
◯不平不満が多い。
◯腰痛の経歴あるいは他の症状がある。
◯仕事に問題を抱えている、あるいは仕事に満足していない。
◯仕事が忙しく、人と触れあう時間をとれない。
◯家族が過保護である、あるいは支えてくれる人がいない。

解説

心理社会的ストレスは腰痛の回復に悪影響を及ぼすことがあります。仕事上のストレス、家庭の問題、経済的問題、不安、怒り、うつなどは腰痛の長期化を引き起こすことがあります。

対処法

自分自身でストレスを解決することができない場合には、専門家に相談することをお勧めします。

bolg index このページの先頭へ
<