blog index

腰痛ブログ

腰痛の治療法に対する説明と注意点を紹介しています。
危険な腰痛
危険な腰痛

硬直性脊椎炎

慢性炎症性疾患の一種です。主に脊椎と骨盤の関節・靭帯・腱に発症し,複数の関節の完全な硬直を起こします。

ガンの転移

骨のガンとしては最も多いです。ガンの転移はガンの最も重篤な生命を脅かす合併症です。悪性腫瘍の70%が転移によるものです。解剖検証によると悪性腫瘍を患っている患者の20〜35%に骨の転移が見られます。骨の転移の80%が乳房・前立腺・肺・腎臓の悪性腫瘍によるものです。女性では骨の転移の70%が乳がんによるものです。男性では骨の転移の60%が前立腺がんによるもので、25%が肺がんによるものです。

感染症(化膿性骨髄炎)

抗生物質の登場により化膿性骨髄炎による重篤な骨の変形あるいは死亡率は大幅に減少しています。しかし免疫機能が低下している患者(ステロイド薬によるものなど)、アルコール依存症の患者、新生児、薬物依存症の患者など一部の人たちの間で発症率が高くなっています。原因となる筋の90%は黄色ブドウ球菌です。

圧迫骨折

腰椎の圧迫骨折は体幹の屈曲と長軸の圧迫の合力により起こります。高齢者あるいは骨粗鬆症の患者に多く見られます。脊椎レベルではT12,L1,L2が最も多いです。脱臼などの重篤なケースを除いては、約10日から2週間で急性の症状は治まります。

麻痺性イレウス

重篤な外傷により起こることがあります。内蔵の自律神経の障害により起こります。

重篤な外傷

重篤な外傷により、腰椎あるいは骨盤などの骨折が起こることがあります。腰椎では圧迫骨折の次に横突起の骨折が最も多いです。脊椎レベルではL2とL3が最も多いです。

腹部大動脈瘤

大動脈瘤には先天的な原因と後天的な原因があります。先天的な原因はほとんどありません。後天的な原因で最も多いのが動脈硬化です。症状としては腹部の痛みと血圧の低下などがあります。

bolg index このページの先頭へ
<