blog index

腰痛ブログ

腰痛の治療法に対する説明と注意点を紹介しています。
ガンの転移
ガンの転移

骨のガンとしては最も多いです。ガンの転移はガンの最も重篤な生命を脅かす合併症です。悪性腫瘍の70%が転移によるものです。解剖検証によると悪性腫瘍を患っている患者の20〜35%に骨の転移が見られます。骨の転移の80%が乳房・前立腺・肺・腎臓の悪性腫瘍によるものです。女性では骨の転移の70%が乳がんによるものです。男性では骨の転移の60%が前立腺がんによるもので、25%が肺がんによるものです。

特徴
○ほとんどが40歳以上の患者です。
○体重減少・重度の衰弱・骨の痛みを伴います。
○骨の痛みは特に夜間に起こり、痛みで目が覚めることもあります。
○病状が進行すると、痛みが起こらないことも時々あります。
○骨の転移はもとのガンを手術してから10〜15年経ってから発症することこともあります。
○血液検査ではアルカリフォスフォターゼが上昇していることがあります。酸フォスフォターゼは前立腺がんの場合上昇していることがあります。

bolg index このページの先頭へ
<